製品紹介

IoT設備保全ポータル

IoTの仕組みとintra-mart Accel Platformを活用した設備保全業務用ポータルです。
設備・機器の稼働データを自動的に収集し、モニタリング。
現場はintra-mart Accel Platform上の設備・機能保全マスタをスマートデバイスにて活用することで定期点検等の日常業務がスピーディに行う事が可能となりました。

課題と解決

設備保全業務(フィールドサービス)における課題



設備や機器保全は重要な反面、設備の種類・点数が多く要員が不足しています
また海外を含めた、各工場の設備状況の把握ができていない等
システム化・標準化が難しく、属人化しているのが現状です




課題解決へ



intra-mart Accel Platform を設備保全ポータルとして採用。
IoTの仕組みを活用し、設備・機器の稼働データを自動的に収集しモニタリング。
現場はintra-mart Accel Platform上の設備・機器保全マスタをスマートデバイス等を活用し、
定期点検等の日常業務をスピーディに行います。
予防保全業務を行うには、設備の異常発見から即座に関係部署へ通知・対応を開始し、
そのアクションを蓄積するシステムと解析するツールが必要です。

 

機能概要

設備保全業務をスピーディーに行うために開発されたポータル






設備・機器等に対する保守保全業務の工程や作業項目は、必要に応じて準備する事が可能です。
標準で提供するテンプレートを参考にして、intra-mart Accel Platformのノンプログラミングツール(IM-BIS)を活用し作成していきます。





IoT設備保全ポータルの機能紹介
①IoTによる設備・機器監視機能
  工場の生産設備やお客様に設置した機器からセンサーデータをポータル表示します。
  (設備・機器へのセンサー設置やネットワーク設計は個別対応)

②点検保守業務の見える化
  スケジュールに則った定期点検項目を設定します。
  その予定に従い、スマートデバイスに表示される項目を実施し報告します。
  (ノンプログラミングツールのIM-BIS for Accel Platformの機能)

③報告・申請→確認→承認業務のシステム化
  現場の点検・保守担当からの修理依頼などは、予め設定したワークフローに従い
  自動的にエスカレーションされます。
(intra-mart Accel Platformの標準機能)

④点検保守工程の自動化
  センサー情報に閾値を設定する事で設備・機器の突発的な故障の検知を予め設定した
  メールアドレスに通知する事が可能です。
  (intra-mart Accel Platformの標準機能のIM-LogicDesingerの機能)




IoT設備保全ポータル全体相関図


 

将来像

IoT設備保全ポータルの機能拡張計画 ~現行~

201712081349_1.png

①点検、修理といった保全作業の可視化を実現

②センサー情報をリアルタイムに表示しタイムリーな活動を実現


推奨している導入計画としては、Internet of Things Platform-n9を活用しセンサーデータを収集し、
閾値を超えたデータをIoT設備保全ポータルへ送信する仕組みとなっております。




① IoT設備保全ポータルの機能拡張計画 ~第一段階~
201712081349_2.png
Internet of Things Platform-n9を活用しセンサーデータを収集・蓄積を行います。
閾値を超えたデータが収集された場合、予めintra-martのロジックデザイナーに登録されたプロセスが自動的に処理します。

また、センサーデータから装置の事象を確認し、然るべき対策(調整・修理・交換など)といったアクティビティデータを入力し蓄積します。

蓄積を重ねたこれらのデータいわゆるビッグデータの変動サイクルとアクティビティデータをWatson analyticsを活用し解析する事で、トラブルにおける傾向を分析し、属人化された予知保全の支援を可能とします。

 
② IoT設備保全ポータルの機能拡張計画 ~最終段階~


WatsonのNatural Language Classifier-w3を活用し、
第一段階で蓄積された知見とベテラン保全員の知見をIBM Watsonに学習させていきます。

学習した結果、Watsonがデバイスを通じてトラブル解決案を導いてくれるようになります。


 

関連サービス

POWER iAP on i

  • 201704101148_8.png
    IBM i (AS/400)で運用される基幹業務システム(SoR)を活用し、業務プロセスの見える化と基盤統合を実現する
    intra-mart Accel PlatformをIBM i 環境で稼働させる製品です。
    また、本製品が2017年4月、日本アイ・ビー・エム株式会社のIBMiイチオシ・ソリューションに認定されました。
    イチオシ・ソリューションに認定された事でソリューション割引が適応される事により、 費用面を始め、POWER iAP on i をより導入しやすい形になりました。

    【関連サイト】
    POWER iAP on i
    製品ページへのリンクになります。



     
intra-mart Accel Platform
株式会社NTTデータ イントラマートが提供しているWebシステム開発のための統合フレームワーク製品の総称です。
統合フレームワークを用いて、基幹系や各種業務システムなど、個々に構築されていたシステムを統一し、
データと現場をつなぐことで業務を効率化、見える化します。
上記の強みを活かす事でビジネスプロセスの最適化、自動化、付加価値向上へと繋がり更なるお客様のビジネス領域の拡大へ貢献します。

【関連サイト】
株式会社NTTデータイントラマート
intra-mart Accel Platformの開発元のWebサイトです。


botan3